「女優」2月24日25日に変更致します。
オミクロンの余りの拡大、、、

もしも、と、先は見えませんが、第6波の最中を

避けさせて頂きました。

2月の24日(木)25日(金)
曜日は一緒です。

場所も、紀尾井小ホール変わりません。

どうか、よろしくお願い申し上げます。



今年は、新派公演のない、淋しいお正月です。

この1年、全く無いのだそうです!

それならば、徹底的に「淋しく」なりましょう!

再演されそうにないしかしこのまま放って置けない作品を

小規模であっても、演じてみたい!

北條先生が「私の描く須磨子は八重子ではない。良重だ」

と、仰ってじゃじゃ馬、須磨子をお書き下さいました。

島村抱月一人に誉められたい!愛されたい!

島村抱月だけに頼った女優、松井須磨子。

世間的には、初めての芸術劇の女優。

日本初ヒットレコードの歌手。

そんな、残された須磨子の独り言を、

斎藤雅文先生が作って下さいます。

新派の新鋭、喜多村一郎さんが、

同じく抱月を慕う中山晋平役で

一緒に泣き、語り、笑い、歌ってくれます。

そんな、常識外れの女優スマ子を

新派文芸部の斉藤雅文さんが描き出して下さいます。

節分のお豆がお済みになって、

ヴァレンタインのチョコを召し上がりましたら、

是非、是非、是非とも、

紀尾井小ホールへ、お出かけ下さいませね。

スペイン風邪もコロナもない、きっと、きっと、

良い歳になりますようにと、祈りつつ

中山晋平役の、喜多村一朗さんとお待ち申しておりますわ。


余談ですが、母・初代水谷八重子は、松井須磨子さんの膝に抱かれて、

子役を務め、女優人生のスタートを切りました。
1月27日&28日一人舞台?紀尾井町の小ホールで致します。
鬼が笑うと言う来年のことですが、

どうか、ご予定表にお入れ頂けますと、

嬉しいです!!